スウェーデン式サウンディング試験 -株式会社 パーツ産業-

パーツ産業TOPページへのリンク スウェーデン式サウンディング試験
架設足場 ■架設資材 ■プラシキ ■地盤調査・地盤改良 ■標準貫入試験 ■スウェーデン式サウンディング試験
表面波探査 ■看板製作 ■お知らせ ■会社概要 ■営業所一覧 ■Link ■お問い合わせ ■TOP

スウェーデン式サウンディング試験とは?

スウェーデン式サウンディング試験、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。スウェーデン式サウンディング試験とは、SS試験とも言い、スウェーデン国有鉄道が不良路盤の実態調査として採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。1976年にはJIS規格に制定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどがスウェーデン式サウンディング試験によって実施されるに至っています。
ロッドの先端にスクリューポイントと呼ばれる円錐形のきりを取り付け、地面に突き立て、おもりを乗せて沈み具合を測定する。沈みが見られない場合は、上部に取り付けてあるハンドルを回転させ、25cmごとに何回転したかを計測する。回転数が多いと地盤が弱いと見る。
以前はスウェーデン式サウンディング試験は機材が大きいため、狭い土地の地盤調査は困難でしたが、現在は機材も小さいので狭い土地の地盤調査も可能になりました。

スウェーデン式サウンディング試験手順

1 ロッドの先端にスクリューポイントを取り付け、それを地面に垂直に突き立て、さらにクランプ、ハンドルなどを取り付けます。
2 クランプに段階的におもりを載せていき、1枚載せるたびに、ロッドが下方に沈むかどうかを測定します。
3 全てのおもりを載せるとクランプの重さと合計して100kgになります。
その際、ロッドの沈みが確認できない場合には、ハンドルを回転させ、ロッドを強制的に沈み込ませます。そこで25cm沈み込ませるのにハンドルを何回転させたかを測定します。
4 上記の測定を10mに至るまで繰り返し、ロッドを引き抜きます。
5 ロッドを引抜いた後の穴を利用し地下水位を計測します。

測定基準

  ■ 測定箇所数
1 宅地面積にもよりますが、原則として3箇所以上の測定を行います。
2 各箇所の試験結果に著しい差があった場合、また地中に異物が混入しているなどの理由で規定深度に達しない場合などは地層構成を推定するのに十分なだけの追加測定を行います
   
  ■測定深度
1 原則として深度10mまで測定します。
2 硬い地層が続く場合などは途中で測定を終了する場合があります。

 
 
Copyright(C) 1991-2012 Parts Sangyou Corporation. All Rights Reserved.