地盤調査・地盤改良  -株式会社 パーツ産業-

パーツ産業TOPページへのリンク 地盤調査・地盤改良
架設足場 ■架設資材 ■プラシキ ■地盤調査・地盤改良 ■標準貫入試験 ■スウェーデン式サウンディング試験
表面波探査 ■看板製作 ■お知らせ ■会社概要 ■営業所一覧 ■Link ■お問い合わせ ■TOP





HySPEED工法の特徴 ベスト9

1.地震時の衝撃に強い!

砕石パイルと現地盤で複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがある。

  大地震時には図のように地層の境目に沿って、せん断力がかかります。セメント柱状杭や鋼管杭などでは、杭が折れ家の重さに耐えきれなくなり、家が傾いたり沈んだりします。
これがHySPEED工法だと、砕石杭はせん断に対して追随することで、杭自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果があります。

2.環境貢献工法!

天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。

3.産廃費用が発生しない!

産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要がありません。

4.リユースで地球に貢献!

将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。

5.唯一の液状化防止工法!

地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により阻止します。

  砕石パイルはそれ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があり、何本も造られた砕石杭によりその効果は絶大で、地震による液状化を事前にくい止めることができます

6.パーフェクトな工事保証!

従来の改良工事より施工費が安く、しかも20年間の保証が付いています。

7.COを2,000Kg削減!

砕石しか使わないことにより他の工法に比べCOの排出を少なくします。

8.無公害工法!

今まで施工が出来なかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工が出来ます。

9.遺跡になる工法!

セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。



地盤調査について

※パーツ産業では、スウェーデン式サウンディング試験表面波探査の2種類の試験を採用しております。


 
 
Copyright(C) 1991-2012 Parts Sangyou Corporation. All Rights Reserved.