地盤調査・地盤改良  -株式会社 パーツ産業-

パーツ産業TOPページへのリンク 地盤調査・地盤改良
架設足場 ■架設資材 ■プラシキ ■地盤調査・地盤改良 ■標準貫入試験 ■スウェーデン式サウンディング試験
表面波探査 ■看板製作 ■お知らせ ■会社概要 ■営業所一覧 ■Link ■お問い合わせ ■TOP

地盤改良

架設足場・地盤改良

「性能」の意味が問われるこの時代の要請に応えて、住宅性能表示整備と瑕疵担保責任の強化を二本化にした「住宅品質確保促進法」が、平成12年4月に施工されました。これは、新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」の瑕疵について最低10年間の品質確保を義務づけたものです。
安心して末永く、その土地に生活空間を求めるためには、その土地を知り、地盤の良くない土地であれば、何らかの対策を考える必要があります。耐久性のない軟弱地盤への住宅建築は地盤沈下・住宅破壊・ひびわれ・雨漏りなど、様々な問題を生じさせ、ユーザーの信頼をなくしていまいます。当社では、最新の機械を導入し、自走式ボーリングマシン機からコンピュータに自動的に入力され、迅速・確実な地盤データの提供を行い、皆さまが安心できる住まいづくりをサポートいたします。
※パーツ産業では、スウェーデン式サウンディング試験表面波探査の2種類の試験を採用しております。

調査の流れ

地盤調査風景 1. 地盤調査
基礎を支えるのが地盤の強さです。住宅地の地盤調査で最も信頼できるスウェーデン式サウンディング試験法、または最新技術の表面波探査法を採用し、地耐力を測定、地盤改良が必要か、どのような形状の基礎が最適かを判断します。
2. 検討書作成
地盤調査の結果は、試験機から、コンピュータに自動入力され、短時間で設計から施行までの重要な検討資料が出来上がります。
3. 見積書作成
4. 施工
鋼管回転圧入工法
鋼管杭(JIS規格 肉厚6mm)を回転圧入し、支持層の設計耐力深度まで到達させ、安定した地盤を造成します。
平成12年建設省告示第1347号
”建築物の基礎の構造方法および構造計算の基準を定める件”より抜粋
「鋼管杭とする場合にあっては、杭の肉厚は6mm以上とし、かつ、杭の直径1/100以上とすること。
5. 報告書作成

鋼管回転圧入法
※地盤改良は、鋼管回転圧入法を採用しております。
鋼管回転圧入法図解

作業用車両

当社で使用している地盤調査・地盤改良についてのパンフレットです。
(約13.9MB)パンフレット
上のファイルが見れない方はこちらから
Adobe Reader(無料)をダウンロードしてください。
Adobe
 
 
Copyright(C) 1991-2012 Parts Sangyou Corporation. All Rights Reserved.